So-net無料ブログ作成

13回裏、済美逆転満塁本塁打 [快哉]

実は、EテレでNHK囲碁トーナメントを見ていた。
一時半には始まっていなかった済美対星陵の試合は7対1で済美が負けていて、既に7回裏であった。
筆者は松山在住で、心情的に済美を応援する立場にあるが、一方的なワンサイドゲームに思えた。

負けを覚悟した。
しかし、次の8回裏にノーアウトで死球で正吉が出て流れが変わった。
続く矢野は内野安打、中井はレフト前ヒットで1点入った。
芦谷はレフトライナーに倒れるも、池内はライナー性のヒットで2点目、伊藤もセンターへライナー性のヒットで満塁、続く山田はインフィールドフライで2アウトとなり、続く山口は死球で押出で3点差となる。

続く武田はヒットで2点追加して1点差になる。
この日当っているラストバッター政吉がスリーランホームランで逆転した。
この8回だけで実に8点である。

9回表に星陵は2点を入れ、動顚に追いつく。
その後、両チーム共に0行進が続き、13回表に星陵2点入れるも、裏に済美矢野が満塁ホームランを打って逆転サヨナラになった。
劇的な幕切れで嬉しい。

筆者のスポーツ観戦ではこういう事が偶々よくある。
ミュンヘンオリンピックで男子バレーを午前一時位に見だしたことがあった。
粗、負けが決まっていた時、それまで出ていなかった南が出てからの猛反撃は忘れられない。
岩崎恭子が金メダルを取った時も朝5時前だったが、偶々見た。

スポーツ観戦はそういう場面に出くわすと、心躍るものだ。

こちらでもブログを更新しています。
http://hbar.seesaa.net/
http://soutanou.seesaa.net/
http://fanblogs.jp/otokonoumeki/
このブログと同じく力を入れていますので、楽しんで頂ければ幸いです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。